こんにちは。
今回は、みんなどんな理由で転職するのか考えていきたいと思います。

こんな疑問にお答えしていきます。

✔︎みんな、どんな理由で転職するのかな
✔︎転職したら、新しい職場にどんなことを求める?
✔︎転職で失敗しないようにするには、何に気をつければいいのかな

この記事を読むことで、こんな結果が得られます。

✔︎転職の理由と転職に求めるもの
✔︎自己成長・スキルアップしながら転職する方法
✔︎やりたいことを仕事にするには?

著者は、経理や事務職など、転職を4回してます。
43歳で4回目の転職をし、現在は経理と社内web運用の仕事をしています。

女性が仕事に求めるものは?

女性が働くことがめずらしくない世の中です。
転職を考える人は、どんな理由で次の職場を求めていくのでしょうか。

まず、転職に関する以下のアンケートをご覧ください。

マイナビ転職より
https://tenshoku.mynavi.jp/woman/knowhow/joshilab/02
「転職意向の女性900名のアンケート」

転職したいと思ったきっかけは?

  • 給与に不満がある 45.4%
  • 自己成長・スキルアップのため  30.1%
  • 会社の将来が不安なため 30%
  • 人間関係に悩みがあるため 27.2%
  • 仕事内容が合わないため 27.1%
  • 仕事と家庭を両立できる制度、環境がないため 24.9%

理想の転職先は?

  • 自分の興味があること、やりたいことができる  55.6%
  • 妊娠・出産・育児のための制度が整っている  52.8%
  • 残業が少ない 51.7%
  • 成果が給与に反映される 36.7%
  • 転居を伴う転勤がない 34.1%
  • 待遇(配置や昇進など)に男女差がない 32.3%

転職したいと思ったきっかけの第1位は「給与に不満がある」です。
第2位は、「自己成長スキルアップのため」となっています。

次に、理想の転職先に求めることとして、「自分の興味があること、やりたいことができる」が第1位になっています。

このアンケートから読み取れることとして、
転職を考えている人は、

  • 自己成長のための職場を探している
  • 興味のあること、やりたいことを仕事にしたい
  • やりがいを求めて転職している
  • スキルアップをして、給与も上げたい
  • 家庭やプライベートとのバランスとれる職場を求めている

と言えます。

女性が転職に求めていることは、結局2つ

女性が転職に求めていることは、結局2つに集約できると言えます。

  • 条件アップ
  • やりたいことができる

「条件アップ」とは、給与や、家庭とのバランスなど、人によって求めるところがありそうです。

また転職に「やりたいこと」を求める人は、給与は多少下がってもいいからやりたい仕事をしたいと思うでしょう。


 

女性が働く理由はお金目的だけではない

男性の場合、お金を稼ぐこと自体がモチベーションにつながりやすいと言えます。

年収が高い男性がモテます。男性は、「やりたい仕事」よりも、「稼げる仕事」でもじゅうぶんモチベーションになります。

女性は、感情の生き物と言われますが、人の役に立つことでモチベーションになる傾向にあります。

家族や、お客様、社内の仲間に「助かる」「ありがとう」といわれると充実感が得られる女性も多いはずです。

女性の転職の理由は、お金自体にあるというより、毎日が充実したり、楽しいと思える仕事を求めていると言えます。

自分の市場価値を上げると転職しやすくなる

やりたい仕事を求めて転職する場合も、条件アップを狙って転職する場合も自分の市場価値をあげておくと転職が有利になります。

転職を考え始めたという人に、ぜひ自分の市場価値を上げるためのスキルアップをおすすめします。

準備があるといざとなったときにラクに飛び立てるからです。

スキルをあげておくと、

✔︎未経験の分野にいきやすくなる
✔︎キャリアアップの転職にも付加価値になって給与アップにつながる

ここにつながるので、おすすめです。

スキルアップは興味のあることでOK

スキルアップというと、難しく聞こえるかもしれませんが、基本「興味のあることを学べばOK」です。

前からやってみたかったことはありませんか?
今の仕事と関係ないもので大丈夫です。

興味のあることを学ぶと、希少価値が生まれる

直接今の仕事に関係がなくても、興味のあることを学んでいくと飛躍できます。
分野が離れているようにみえても、どこでどう役に立つかわからないです。

私は、もともと簿記2級を持っていて、経理の仕事をしてきました。35歳を過ぎた頃からインターネットで情報を発信するようになり、その延長でwebデザインにも興味を持ちました。

webデザインには、フォトショップとイラストレーターが使えると思う通りのデザインができるので、オンラインの講座を受講しました。

転職の際、フォトショップとイラストレータが使えることを履歴書に書いたところ「インターネットに詳しい人が欲しかった」「webデザインのソフトを使えるのがすごい」と言われ、現在の職場に転職することになりました。しかも給料は、求人広告に掲載されていた金額より大幅アップでした。

おそらく、経理ができる人は多くいますが、「経理ができて、ウェブに詳しくて、デザインソフトが使える」人はあまりいないと思われます。

それぞれのスキルはそんなに高くなくても、スキルが2つ、3つ揃えば、希少な存在になります。


 

転職に有利になるスキルとは?

この「掛け合わせの人材になる」ことは、未経験の分野への転職にも有利になります。
給与もアップしたり、より有利な条件で転職できる可能性もあります。

では、どんなことでスキルをあげていけばいいのでしょうか?

スキルアップのコツは、「興味のあること」で「小さいところから始めてみること」です。

  • 興味のあること
  • 小さいところから始めてみる

例えば、

  • やってみたかったことを調べてみる
  • 興味のある分野の本を読んでみる
  • やりたいことをやっている人に会いにいってみる

こんな感じで、小さくはじめてみるのがおすすめです。

やりたいことは、割と直感で良いと思います。
今、やりたいことがわからなくても、直感で動いていくとだんだんとやりたいことを突き止められます。

今すぐに転職をする予定がない人でも、楽しみながら勉強するくらいでOKです。

まとめ

これまでの日本は、「石の上にも3年」という言葉があるように、仕事に関して「職人気質」が美化されてきました。
今の世の中は、時代の流れが早く、今まで必要とされてきたものがすぐに古くなります。

そんな時代に追いついていくためにも、武器をたくさん持つことをおすすめします。
世の中は、たくさんギブできる人が、自分もギブされる仕組みになっているからです。

多くのことを提供できる人は、高い評価をされ、給与も多く支払われます。
そして、スキルは、数字で目に見えるようにしておくのがコツです。

資格は○級、○年その仕事に従事、など相手が具体的にイメージできるとわかりやすいですね。

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法