ブログやホームページは、人が来てくれないと意味がありません。

ウェブで集客するためには、狙ったキーワードで検索エンジン上位になる必要があります。キーワードを選定しそれにそった記事を書きます。
今回は、個人/店舗/小さい会社向けに、ブログやホームページのコンテンツSEO対策の仕方を紹介します。

✔︎ キーワード選定の手順

  • 手順1:どんなキーワードで売上がたつのか調査
  • 手順2:そのキーワードを狙うためにどんなキーワードを含めればいいか調査
  • 手順3:そのキーワードに合わせて記事を書く

SEOとは

SEO対策とは、Googleの検索結果で上位に表示されるような対策をすることを指します。

例えば、「ラーメン 東京」と検索した時に、1位に表示されるラーメン店と500位に表示されるラーメン店があったとします。
1位に表示されるラーメン店の方のページをクリックし、美味しそうと思えばそのラーメン店に行く可能性が高いですね。
500位のラーメン店は、ページを見られる機会さえないと考えられます。たいていは500位まで検索しないからです。

【検索順位別クリック率】
1位   28.5%
2位   15.7%
3位   11.0%
4位   8.0%
5位   7.2% ・・・・
10位  2.5%

10位でさえ、2.5%しかクリックされないのです。

✔︎ SEO対策の方法は3つ

この検索順位をあげるためには以下の3つの対策が必要と言われています。

  • 1、サイト設計
  • 2、コンテンツ作成
  • 3、被リンク

サイト設計は、「ユーザーにとって知りたい情報にたどりつける」サイトのことを指します。
記事の途中や最後に、関連記事を掲載したり、メニューやサイドバーなど目につくところにどんな記事があるのか置いておくことで、ユーザーが情報を得ることができます。

コンテンツ作成と被リンクは、「いい記事」を書くことで対策できます。
では、【個人/店舗/小さい会社】のサイトでは、どのようなSEO対策をしていくべきか、手順をおってみていきます。

手順1:どんなキーワードで売上がたつのか調査する

例えば、エステを経営している会社のSEO対策を考えてみます。
まずエステを予約したいと考えている人が、どんなキーワード検索して予約に至るのかを知ることから始めます。

売上のたつキーワードを調べる方法

  • 定番キーワード
  • 想像力を働かせる
  • 競合他社を調査する
  • 記事を書き続けて、どんなキーワードで流入するかみていく

✔︎ 定番キーワードから調べる
売上のたつキーワードは、定番のものがあります。

・「〇〇市 エステ」
・「○○市 エステ 予約」
・「○○市 エステ おすすめ」
エステに予約を入れたいと考えている人は、これらのキーワードをgoogleに打ち込んで検索しています。
まずは定番のキーワードを攻めていく方法です。

✔︎ 相続力を働かせる
エステに行きたいと考えているお客さんがどんな検索キーワードを打ち込むのか想像してみます。

・結婚式を控えている人が検索している場合・・・「結婚式 エステ」
・年齢を気にしている人が検索している場合・・・「エステ アンチエイジング」「エステ 

✔︎ 競合他社を調査する
競合他社のウェブサイトをみて、どんなキーワードでの流入がありそうかチェックする方法です。
こちらのツールで記事のキーワードを検索できます。
aramakijake.com

✔︎ 記事を書き続けて、どんなキーワードで流入するかみていく
記事(コンテンツ)を書き続けていくと、どんなキーワードで検索した記事が読まれているのかがわかります。
「検索クエリ」と呼ばれるものです。記事(コンテンツ)がどんなキーワードから検索されているかがわかります。狙ったキーワードで検索されている場合と、狙っていないキーワードで検索されている場合もあります。

よく読まれている記事に関連する記事を書いたり、そのページに予約はこちらなどとリンクを貼って予約を促していくこともできます。

手順2:そのキーワードを狙うためにどんなキーワードを含めればいいか調査

売上が上がるキーワードがわかったら、そのキーワードで上位に検索されるためにはどんなキーワードで記事(コンテンツ)を書いていったらいいかを調べます。

✔︎ omusubiで調べる
omusubi

キーワードツールのomusubiが便利です。例えば「ラーメン 東京」と打ち込むと、いろんなキーワードから成り立っているのが分かります。
これら、1つ1つに対して質の良い記事を書いていけば、「ラーメン 東京」の検索で上位になる可能性が高いと言われています。

自分のビジネスの売上のたつキーワードにたいして、どんな記事(コンテンツ)を書いていけばいいのかわかります。

手順3:そのキーワードに合わせて記事を書く

ではどのように記事を書いていったらいいのでしょうか。

  • h2,h3タグにキーワードを含めること
  • 文章の中に自然にキーワードを含める
  • オリジナリティの高い記事を書くこと

文章の中に自然にキーワードを含める

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法