一生モノの仕事を探していった結果次のような、人生を歩んで今に至ります。

  • 20代・・・簿記の資格をとって会計事務所に就職
  • 30代・・・英語+会計で外資系経理に転職(月給30万円くらい)
  • 30代後半・・・会社にしばられる生活を変えたいと、ITやブログについて学ぶ
  • 婚活アドバイザーとして起業するもうまくいかず
  • パートで働きながら、リモートで動画編集とウェブライターとして生活
  • 40代・・・中小企業のweb担当正社員として採用される
  • 現在・・・ウェブ制作とリモートワークで正社員時の収入を超える

1977年生まれ。
高校2年時に、アメリカに1年間留学。
大学時は、自分は何をして生きていくべきか定まらず「就職氷河期」の波ににのまれました。

一生ものの仕事を探し、もがいた20代

大学卒業時は、会社に就職せず「フリーター」のような生活をしていました。

アルバイトの方が、時間が決められているため家に帰ってすぐに勉強できると考えていたからです。

とにかく生活を安定させることだけを考え、食いっぱぐれないイメージの会計の仕事をしたいと税理士・簿記・USCPAなどの資格の勉強をしました。

とりあえず簿記2級を取得し、会計事務所に転職しました。

収入を得られたものの、思い描いていた生活とのギャップに悩んだ30代

会計事務所→外資系経理に転職し、月収は30万円になりました。

30代女性で30万円あれば、ショッピングを楽しんだり友達と遊んだりしても不自由のない生活ができました。

また、外資系に転職したことで英語を生かした仕事をすることができ、充実した毎日を過ごしていました。

ただ、満員電車にゆられて通勤し(ときには痴漢にあうことも)、地方に住む家族との時間もあまり取れなくて、漠然と「このまま一生終えるのは嫌だなぁ」と考え始めました。

収入を安定させながら、時間的な自由がほしいと書店で気になる本を買いまくり読書をしまくりました。

パソコン1台で自由に生活できる内容の本が読んだことをきっかけに、パソコンがあれば通勤せずに好きな場所で、好きな時間に仕事ができるかもしれないと、ウェブの世界に入っていきました。

勉強を続け、気づけばウェブで生活できるように

30代後半、外資系経理の仕事をやめて、ブログ運営をしていきました。

また、婚活ビジネスで起業したり、ウェブサイト制作を勉強したりしました。

その後、2020年に中小企業の正社員になり、ウェブ担当として、SNS運営や LINEでの発信、動画編集を含むYouTube発信などを経験します。

2021年1月に、完全に独立し、ウェブサイト制作と動画編集やウェブライティングで正社員時代の収入を超えました。


今まで学んだこと

  • 税理士・会計士・USCPAなどの会計知識
  • ブログやウェブサイトを作るための知識
  • フォトショップなどのデザインツール
  • PremireProなどの動画編集ツール
  • 婚活アドバイザーになるための知識
  • TOEIC735点をとるための勉強
  • SNS集客のための方法
  • LINEの運用方法

離婚しても食べるのに困らない

ちなみに私は離婚経験がありますが、手に職をつけることで、環境や結婚相手に左右されずに生きていくことができます。

離婚しないに越したことはないですが、経済的な理由で一緒にいたくない相手と生活を続けることはなくなります。

人生の自由度をあげるために、これからも発信し続けていきます。

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法