LINE公式アカウントに登録したら、次にやるのはプロフィールを設定することです。
プロフィール画面を整えることは、とても重要です。

プロフィールが埋まっていないと、お客様を不安にさせてしまうからです。
購入や予約につながる仕組みづくりの1つとして、プロフィール設定方法を説明します。

LINE公式アカウントプロフィール設定方法

  • 1、LINE Official Account Managerで基本設定
  • 2、プロフィール設定ステータスを埋める
  • 3、ボタンを設置する

1、LINE Official Account Managerで基本設定

①LINE Official Account Managerページにいく
LINE公式アカウントにログインし、プロフィールページにいきます。その後、LINE Official Account Managerから設定をします。

②アカウント名、ステータスメッセージ、プロフィール画像、背景画像を設定します。

✔︎ アカウント名の変更があればこちらで変更可能

✔︎ ステータスメッセージとは、プロフィールの下に掲載されるメッセージのことです。

✔︎ プロフィール画像は、ロゴマークなどわかりすいものがいいでしょう。背景画像も追加してみてください。

 
✔︎ 背景画像をアップロードしたり、バーの色も変更できます。

✔︎ プロフィールページ設定で、保存し、公開すると反映されます。

2、プロフィール設定ステータスを埋める

ステータスは、プロフィール設定の右の”ステータスを確認”をクリックすると設定できます。

①追加をクリックして、設定画面を開きます。

②紹介文、営業時間、電話番号、住所などそれぞれの状況に合わせて入力します。※店舗の場合は特に入力必須です。
左のプレビューで確認できますね。
最後に保存して、公開します。

3、ボタンを設置する

LINE公式アカウントは、プロフィールの下にボタンを3つ設置することができます。
デフォルトで、”トーク”と”投稿”の2つがあります。

①3つ目を追加するために、”ボタンを追加”をクリックします。
通話、クーポン、予約などが選べます。今回は、店舗を想定して、”予約”ボタンを追加し、予約のランディングページに誘導することにしました。

②プレビュー画面で、予約ボタンが確認できました。ここをクリックすると、予約のランディングページに移動します。

プロフィール設定をしてわかりやすい誘導を!

ウェブマーケティングとは、お客様が欲しいと思った時にストレスなく購入できる仕組みを作ることです。
LINE公式アカウントで登録してくれたお客様に、「あ、あそこから予約できるよね」と認識してもらうためにもプロフィールのボタン設置はとても重要です。

プロフィール細々に何も書いていないと不安になります。
埋めるとことはきちんと埋めて、お客様に安心して購入してもらえるようにしていきましょう。

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法