LINE公式アカウントは、一般のLINEとはちがい企業や店舗個人などが友達登録してもらうことでメッセージや画像/動画などを発信できるものです。

また「クーポン機能」を使うことで、登録してくれた人に購買を促すしかけができます。

お客様にとっては、友達登録することでお得な情報が手に入りますし、また店/企業/個人にとっても、情報発信ができるので売上につながるというどちらにとってもメリットがあります。

LINEで友達登録してもらえる方法4つ

では、LINE登録をしてもらうにはどのようにすればいいでしょうか。
方法は4つあります。複数選んでもいいですし、一番登録してもらえそうな1つにしぼってもいいと思います。

LINE公式アカウントを開設すると、QRコードもできます。
たいていはこのQRコードを貼って読み取ってもらって登録してもらうことになります。

大きく分けて、オンライン(ウェブ)とオフライン(リアル)があります。

  • 1、ウェブサイトやブログから
  • 2、SNSから
  • 3、ウェブ広告から
  • 4、チラシから

1〜3がオンラインで、4がオフラインになりますね。
1つずつ具体的に解説していきます。

1、ウェブサイトやブログから友達登録してもらう

まずはオンラインで登録をしてもらう方法です。

もし御社がウェブサイトやブログを持っているのであれば、トップページにQRコードを貼り友達登録をうながします。

トップページの右上や、記事の最後のところCTAエリアとも呼ばれる場所です。
可能であれば、登録した際にもらえるプレゼントなども明記しておくといいです。
そのプレゼントが魅力的であれば、友達登録をしたいというお客様が多くなる可能性があります。

2、SNSから

Facebook、インスタグラム、YouTube、TwitterなどのSNSで発信しているのであれば、こちらからLINEのお友達登録をしてもらうことも考えられます。
概要欄などにLINE登録をうながすLP(ランディングページ)を挟むと有効です。

基本的に、SNSはお客様が見に来てくれないと成り立たない媒体です。
こちらがどんなにいい情報を発信しても、お客様が目にしなければ見たことにはならないのです。

LINEでお友達登録してもらえば、こちらが発信した情報が確実にお客様に届きます。
情報と言っても、簡単なお知らせでOKです。
例えば、YouTubeから登録してくれたら、新しい動画を発信する際に「今回の動画は〜を送ります」というメッセージだけでもいいのです。

3、ウェブ広告から

まったくの新規顧客を獲得したい場合は、ウェブ広告からの

広告を出したら、LP(ランディングページ)に誘導します。そこでLINEのQRコードを貼りお客様に登録をうながします。
友達登録をせずに、LP(ランディングページ)から予約や購入をうながす方法もありますが、特に高額なサービスや商品の場合は、LINEで友達登録をしてからという流れになります。
いきなり広告で見たからと言って、購入につなげるよりも、お友達登録してもらい、徐々に商品やサービスのことをわかってもらう方が購入してもらいやすくなるからです。

ウェブ広告は、少額から始められますし、限度額も設定できます。

4、チラシから

最後にオフラインで友達登録してもらう方法です。

店舗にチラシを作成し、QRコードをはりつけて登録をうながすと効果的です。
店舗にきてくれているお客様はもうお店やあなたのことは知っているので、お友達登録をしてもらうことでリピートしてもらうえるような内容を送ると喜ばれます。

ただチラシを置くだけではお客様は登録しない可能性があります。
お店のことは知っているので、来たいとき、買いたい時にくるからわざわざ友達登録しなくてもいいという理由です。

店員さんに促されたり、登録するもらえるプレゼントがあると有効です。
今いるお客様にもっと好かれるための情報を流す方法を考えると、さらにリピートしてもらえますね。

 
スポンサーリンク



 

お友達登録方法の具体例

店舗や中小企業(BtoC)の場合

店舗やBtoCの中小企業が、お客様に友達登録してもらう方法は以下の通りです。

  • 1、実店舗で
  • 2、Googleマイビジネスから
  • 3、SNSから
  • 4、ウェブ広告から

✔︎ 実店舗で
店舗は実際にお店に来てくれたお客様に登録をうながす方法です。

・レジ前にQRコードをおく
・飲食ならテーブルやメニューにQRコードをおく
・チラシを配る

登録すると〜がもらえますのように登録記念プレゼントを押し出すと、さらに登録してもらいやすくなるのでおすすめです。

✔︎ Googleマイビジネス→ウェブサイトやランディングページ→QRコードを貼る
実店舗や会社の場所をGoogleマイビジネスに登録することができます。
Googleマイビジネスは、無料で登録でき、しかも検索で地図で上位表示される可能性があります。
ウェブサイトを登録する箇所があるので、そこに

✔︎ YouTubeやインスタグラムから
YouTube動画やインスタグラムで発信している人は、そこからさらにLINE友達登録をしてもらう方法です。

✔︎ ウェブ広告から

個人の場合

セミナー講師や士業の方はどんなお友達登録があるでしょうか

✔︎ ウェブ広告から

✔︎ YouTubeから

✔︎ Instagramから

✔︎ ウェブサイトやブログから

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法