ビジネス=ホームページを作るというようなイメージがありますが、私はホームページ制作は最初にやるべきことではないと考えます。

それよりも、ランディングページを作ってどんどん集客し、ある程度商売のかたちができてからホームページを作る方が効率が良いです。

ホームページよりまず、ランディングページをすすめる理由

ホームページは、GoogleやYahooなどの検索エンジンから検索した人がたどり着くページです。ランディングページは、広告などからたどり着くページです。

最初にホームページのようなウェブサイトをみなさん作りたがるのですが、私はランディングページこそ最初に作るべきだと考えています。

✔︎ ホームページよりランディングページをすすめる理由

  • ホームページを作ったからと言ってすぐに検索されるとは限らない
  • ある程度商品やサービス事例がないとホームページに紹介できない
  • ランディングページでもホームページの代わりになる
  • ランディングページは見やすいしわかりやすい

スポンサーリンク




 

ホームページを作っても検索されるには時間がかかる

商売をするには、人に知ってもらわなければいけません。

そのために、みなさんホームページを作ったり、ブログを書いたりしますが、狙うキーワードにもよりますが検索エンジンに認知してもらうには時間がかかります。(半年〜1年くらい)

どこからお客さんに来てもらうかを考えなくてはいけないのです。

さらに、ホームページは作っただけで終わりではありません。

コンテンツ(お客様が知りたいことや悩みなど、商品情報など)を定期的に更新していくことで、さらに検索エンジンに認識してもらいやすくなります。その更新作業には、やはり時間と手間がかかります。

ある程度商品やサービス実績がないとホームページに紹介できない

ネットで集客するときに、お客さんが一番見ているところがあります。

そこで購入するかどうか決めていると言っても過言ではありません。

お客さんが購入ボタンを押すのは、「実績」です。特にコンサルティングやコンテンツビジネスなど、目に見えないものを売るときは、この実績がものすごく重要です。

ホームページを作っても、まだ実績があまりないと掲載できず「説得力のあるページ」になりません。

ランディングページは、実績があるに越したことはないですが、なくても「特徴」「ボーナス特典」などで購入にもっていける確率が高いです。商品やサービスの紹介ページというランディングページの特徴があるからです。

ランディングページでもホームページの代わりになる

商品やサービスを紹介するランディングページですが、ただの紹介ページではなく、ホームページの代わりになります。

SEOとしての機能があまり見込めないので、GoogleやYahooからの流入は見込めませんが、SNSとの相性はいいです。

なので、プロフィール、説明欄にランディングページを貼っておく方法をおすすめします。

✔︎ 以下のことをランディングページに盛り込んで、ホームページとしての要素も入れる

  • サービスや料金がわかるようなページ構成にする
  • 申し込みやメールアドレスが入手できる「フォーム」設置する
  • 店舗の地図や会社概要なども盛り込む

ランディングページは見やすいしわかりやすい

ランディングページの最大の魅力は、わかりやすいことです。

図やイラスト、写真などを使い、どんなサービスなのか、どんなことができるのかなど見やすく説明してくれるので、お客様にとっては、非常によいページです。

ホームページの場合は、ほしい情報にたどり着くためにどこを探せばいいかわからなくなるときがあります。

ブログはもっと検索しづらいです。

その点ランディングページは、商品やサービスに関しての情報を1枚の縦長サイトで見ることができます。

お客さんは、ただ下にスクロールするだけでいいのです。

✔︎ ランディングページの構成

ランディングページは、たいてい以下の流れで構成されています。

  • ファーストビュー
  • 悩み事、お困りごと
  • 商品サービスの特徴
  • お客様の声
  • 料金
  • よくある質問

お客さんが疑問に思うことを先回りして、その解決策を示します。

読み進めていけば知りたい情報が書いてあるので、お客さんにとってはストレスの少ないサイトとも言えます。

個人/店舗/小さい会社は、まずはランディングページで集客売上を安定させる

ウェブ集客の目的は、「売上を上げること」です。

ホームページは、”事業紹介”の要素が強く、売上をあげることに特化していません。

お客さんの見やすさを考えたら、ランディングページの方が断然セールス向きなのです。

ランディングページを上手に使い、まずは売上をあげることに精力を注いでいきましょう。

また弊社ではランディングページをWordPressにすることも可能です。

ブログ機能のあるWordPressとランディングページが合体することで、将来的にホームページにしていくという戦略も取ることができます。

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法