婚活パーティーで会話が弾む方法5つ

婚活パーティーで初対面の女性と話すのは、緊張しますよね。
でも、婚活パーティーの会話が弾まないと、次の機会につながらないので頑張っておきたいところです。

今日は、婚活パーティーでかんたんに会話が弾む方法について、書きたいと思います。


初対面の女性と、会話が弾む方法【5つ】はこちらです。

  • 相手の目を見て話す
  • 相手の話すテンポに合わせる
  • あいづちを打つ
  • 質問をする
  • 自分の話は3割、相手の話7割

これだけですが、ものすごく効果的ですよ。
女性って、「私の話を聞いてくれている」思う男性には、好感度高いです。
そこから発展する可能性は大いにあります。

スポンサーリンク



 

目を見て話さないと、何も始まらない

婚活パーティーでは、会話がたくさんできるようにいろいろ工夫されています。

  • 男性が回転式に回って女性全員と3分話をするパーティー
  • 個室型で、長く話ができるタイプの婚活パーティー
  • 立食形式で、フリータイム多めの婚活パーティー etc・・

いずれの場合でも、会話できなければ始まりません。
会話が弾めば、相手との距離も縮まって、次の機会に恵まれます。
逆に会話が盛り上がらないと、相手に選んでもらえず、次につながりません。


 

目を見て話す男性は、気持ちが伝わる

もしかしたら、女性との会話が苦手な人もいるかもしれません。
今まで、男子校だったり職場も男性だらけで女性と話すことに慣れていない人もいますよね。

初対面の女性の目を見て話すのは、恥ずかしかったりします。
シャイな日本人は、欧米人と比べて目を見て話さない傾向があります。
仕方のないことですが、やらないといつまでたっても女性との距離は縮まりません。

女性の目を見て話せるようになるコツ3つ

  • 女性の目と目の間を見るようにする
  • 目を見なくても、顔を上げて話す
  • じっと見るのではなく、時々視線をそらす

あまり見すぎると、逆効果なので、ときどき視線をそらしつつ、
顔をあげて話しましょう。

たとえ会話が苦手でも、しっかり目を見て話す男性は好印象です。
「私の話を聞いてくれている」という安心感もあります。
会話が苦手な人ほど、目を見て話すといいです。


 

婚活パーティーで初対面の女性でも、目を見て話せるようになる、かんたんな練習方法

それでも、女性の目を見るのが苦手な人は、女性店員さんで練習するといいです。
コンビニ、ファストフードの店員とは、毎日顔を合わせますよね。

商品をレジに置く時、注文する時、お釣りを受け取る時、などちょっとした瞬間に店員さんの目を見ながら動作してみましょう。
店員さんの反応も良くなるかもしれません。

逆に目を見て話さない店員さんに、違和感を感じるかもしれません。
目を見ていないと、こういう印象になるんだなというのを実感できるかもしれませんね。

慣れてきたら、今度は、髪を切りに行ったとき女性の美容師さんと話すとさらに訓練されますよ。
彼女たちは毎日接客しているので、話が上手です。

スポンサーリンク




 

2、相手の話すテンポに合わせる

女性が話が合うなぁと感じる
ときって、「なんとなく」の場合が多いのです。
共通点が多いとか、よくわからないけど、話していると安心するとか。

この「なんとなく」に「会話のテンポが合う」が含まれていると思います。
ゆっくり話している女性には、ゆっくりめの反応をする。
テンポが早い女性とは、テンポよく会話していく。そんな感じです。

3、あいづちを打つ

話のあいづちって、めちゃくちゃ大事です。
相手が発信したことに対する、あなたの最初の反応が「あいづち」です。

この反応がいいと、「私の話をきちんと聞いてくれてる」というふうになります。
逆にあいづちの打ち方がイマイチの人は、女性に安心感を与えられません。

効果的なあいづちの打ち方3つ!

  • うん、うん
  • ヘェ〜
  • そうなんだ〜

この3つのあいづちは、どんな場合でも活躍してくれます。
肯定的に話を聞いている感じがしますよね。

ポイントは、語尾を上げること。
へぇ〜⇧ そうなんだ〜⇧

語尾が下がると、悲壮感や残念感があるので気をつけましょう。

あいづちの役割は、もっと話してもらうこと

女性は自分の話を聞いてくれる人に好感を持ちます。
あいづちは、私はあなたの話を聞こうとしています、あなたの話に興味があります、という意思表示でもあります。

あいづちに気持ちを込めると、まったく印象が違うので、できれば気持ちを込めてくださいね。

あいづちの後に、女性が話を続けるならそれは効果があったと言えますね。
「うん、うん」「ヘェ〜」「そうなんだ」この3つを繰り返すだけでも、相手には充分伝わりますので、ぜひ活用してくださいね。

スポンサーリンク



 

4、話を引き出す質問をする

会話のポイントは、何と言っても質問することです。

  • 先をうながす質問・・・「それで?」「そのあと、どうなったの?」
  • 話を深掘りする質問・・・「〇〇だったんだ〜」(繰り返す)
  • 相手の気持ちを察する質問・・・「それって、嬉しかったってこと?」

先をうながす質問で、相手にもっと話してもらう

話終わったあとに、質問をされるのとされないのとでは会話の流れがまったく違います。

【例:最近楽しかったこと】

男性:最近、どこか行きました?

女性:友達と、買い物に行きました。

男性:へぇ〜。←あいづち
   どこに行ったんですか? ←話をうながす質問

女性:丸ビルの中をぶらぶらしていました。

男性:うん、うん。
  あのあたりは、いろんなお店がありますよね。
  ランチとか食べました? ←話をうながす質問

女性:丸ビルの中にある、椿屋でランチしてケーキを食べました。

男性:甘いもの好きなんですね!

女性:(いい感じ!)


 

話を深掘りする質問で、相手との距離を縮める

【例:最近楽しかったこと その2】

男性:最近、どこか行きました?

女性:友達と、買い物に行きました。

男性:そうですか。←あいづち
   そのお友達とはよく出かけるんですか? ←友達のことを深掘りする質問

女性:以前の職場の同僚で、ちょくちょく買い物に行ったり、ご飯食べたりしています。

男性:そんなんですね。←あいづち
  前の職場ということは、転職されたんですね? ←仕事のことを深掘りする質問

女性:そんなんです。
   新しいことがしたくなって、今の職場に転職しました。

男性:いろいろチャレンジしていてすごいですね。

相手の気持ちを察する質問で、好感度をあげよう

【例:最近楽しかったこと その3】

男性:最近、どこか行きました?

女性:友達と、買い物に行きました。

男性:そうなんですね〜 ←あいづち
   いつもお休みの日は、出かけているんですか? ←深掘りする質問

女性:そうですね、どちらかと言えば出かけていることが多いかなぁ。

男性:うん、うん。
   休みの日に家にいると、なんか時間がもったいないような気がしちゃう感じですか? ←相手の気持ちを察する質問

女性:そうなんです(^ ^)(なんか私のことわかってくれている感じ?)


 

5、婚活パーティーの会話の心得「自分の話は3割、相手の話7割」

会話というと、どうしても自分の話をしなくはいけないと思っていませんか?
特に婚活パーティーでは、印象を残さないと選んでもらえないみたいな気持ちになります。
印象を残すために、たくさん話をする男性をときどき見かけますが、逆効果だったりします。

軽いノリの婚活パーティーや、年齢層の低いパーティーなら自分のことを売り込むために多く話すのもありかもと思いますが、真剣な付き合いを求める婚活パーティーでは、やはり自分の話は3割くらいにしておきましょう。

実は、自分の話ばかりする男性よりも、女性の話をきちんと聞いてくれる男性の方が好感度高いです。
話を聞いてくれる=(イコール)私に興味がある、という図式が女性の頭の中で出来上がればOKですね!

 

おすすめ記事【男性編】婚活パーティーの服装って、なにを着たらいい?どこで買えばいい?

おすすめ記事婚活アドバイザー目線からおすすめする婚活パーティー【男性編】

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法