今回は、個人のウェブマーケティングの具体的手順をお話ししていきます。

ご自分の状況と自分のビジネスに合った方法をみつけることを目的にしています。

ウェブマーケティングと言っても幅広いので全体像をどう、最終的にこの方法を試してみようかなと目星をつけて、実行にしてみてください。

個人ビジネスのウェブマーケティングは手順は3段階

  • 1、ウェブサイトを用意する
  • 2、ウェブサイトに誘導する
  • 3、PDCAを回す

1、ウェブサイトを用意する

まずはじめに、ウェブサイトを用意します。

よく、Instagramに投稿したり、Twitterに投稿するだけの方がいますが、それだけでは売上に結びつかないのでもったいないです。

申し込み、予約、問い合わせなど「購入」してもらうため機能がついたウェブサイトがあれば売上につながります。

まずは、ホームページ、ブログ、ランディングページ、ポータルサイトなどのウェブサイトを用意してください。

個人ビジネスと言っても売るものや状況によってそれぞれ使うべきウェブサイトが違います。

どのウェブサイトを使ったらいいかについては、こちらを参考にしてください。

2、ウェブサイトに誘導する

ウェブサイトを用意したら、そこに誘導する方法を考えます。

誘導方法は以下3つです。

  • 1、SEO
  • 2、SNS
  • 3、広告

ウェブサイトに誘導する方法をSEO、SNS、広告のどれか、または複数使っていきます。

✔︎ SEOはブログサイトなどで検索結果の上位を狙う方法

SEOはSerch Engine Optimizationの略です。「検索エンジン最適化」といいますが、GoogleやYahooで検索したとき、自分のウェブサイトが上位表示されるよう対策してくことをSEO対策といいます。

✔︎ SNSはだれでも無料で使えるツール

SNSは、Instagram、Twitter、Facebook、YouTubeなどがあげられます。 同じSNSでも利用しているユーザー層に違いがあるので、そのあたりを意識して自分のビジネスにマッチするお客さんを探せるといいです。

✔︎ 広告はお金はかかるが、即効性あり

広告は敷居が高いと感じる人も多いかもしれませんが、誰でも出稿できます。Google、Yahoo!、Facebook広告、LINE広告などさまざまです。
また、広告の種類は主に検索連動型とディスプレイ広告があります。さらに、クリックされるごとに課金される「クリック課金型」なら、金額の上限が設定できるので安心です。

とりあえずウェブサイトに誘導する方法として、SEO、SNS、広告の大きく3つあることを覚えてください。

3、PDCAを回す

最後にPDCAを回してうまくいった方法はそのまま続け、うまくいかなかった方法についてはやめます。

うまくいったかいかないかは、ウェブサイトに誘導できたかできなかったかで判断していきます。ウェブサイトのURLクリックしてくれたかどうかということも言えます。

うまくいった方法はそのまま続けたりアレンジしたりして残します。なぜうまくいったかを考えると横展開ができます。
横展開とは、ほかのツールでも使い回すという意味です。

また、やめる基準ですが、広告など有料のものは期間や予算で区切っていくのも一つの手です。

SNSなど無料ツールは続けることが基本的に必要なので、相性のいい媒体をみつけることが重要です。
相性とは自分が投稿しやすく反応がとれるという意味と・お客さんの属性の相性の2つがあります

特に、インスタグラムは女性が多いと言われています。なので、女性が気に入りそうな写真を使って、女性向けに投稿すると、あなたの投稿が気になった女性が詳細ページをみてウェブサイトにきてくれます。

また投稿に直接ウェブサイトのURLを設置して誘導することもできますね。

要は、逆算して考えるということです。
最終的にウェブサイトにきてもらうためには、なにをしていけばいいかということです。

まとめ

ウェブサイトにお客さんを集めてるために、逆算して考えていくことで、自分のビジネスに合ったお客さんの傾向がだんだんとわかってきます。

・キーワード検索でブログの記事を読んだ人(SEO)、インスタグラムの投稿(SNS)、キーワード検索したときに広告をクリック(広告) した人が、

・ホームページ
・ブログ
・ランディングページ
・ECサイト
・ポータルサイト

などのウェブサイトをにきてくれて、あなたのビジネスに興味を持ってくれる方法をお伝えしました。

ウェブサイトに誘導するためになにをすればいいか、まずは相性の良い媒体を見つけることが重要です。

次回は、ウェブサイトの種類とどんなビジネスにむいているかそれぞれみていきます。

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法