WordPressなどでホームページを作るメリットは、「Yahoo!やGoogleに検索される」ことが可能になることです。
店舗の名前だけでなく、「ケーキ+場所」などのキーワードで検索される可能性が高くなります。

ただ、検索されやすくするためには、SEOと呼ばれる対策が必要です。
Googleに検索されやすいように、ホームページなどのサイトの記事を書いていくということです。

コンテンツSEOを意識した記事の投稿方法

SEO対策としては、①キーワードを適度に入れる②網羅的な内容にする③画像を適度に入れるがあります。1つずつ解説していきます。

  • 1、投稿方法・・・不自然でない程度にキーワードを入れる
  • 2、記事の内容・・・網羅的な内容にする
  • 3、画像や図などを入れて読みやすさ分かりやすさを追求する

スポンサーリンク




 

1、投稿方法・・・不自然でない程度にキーワードを入れる

人はGoogleやYahoo!で検索するとき、なんらかのキーワードを入れて検索します。

家の近所でケーキ屋さんを探しているときは、「ケーキ屋 〇〇市」とか「スイーツ 美味しい」などのキーワードを入力します。そして、上位に表示されたページをクリックして良さそうな感じなら行ってケーキを購入します。

自分のビジネスで検索して欲しいキーワードを狙って記事を書くと、その内容を知りたいキーワードを入れた人に表示されやすくなります。
どんなキーワードで検索して欲しいかを考えて、記事を書いていきます。どのキーワードを狙って記事を書いていけばいいのか調べる作業を、キーワード選定と言います。
個人/店舗/小さい会社向けのキーワード選定に関しては、こちらの記事を参考にして下さい。

おすすめ記事【個人/店舗/小さい会社向け】SEO対策キーワード選定の仕方
 

✔︎ 記事に不自然でない程度のキーワードを入れる

入れるキーワードが決まったら、タイトルと文章中にそのキーワードを入れていきます。
h2タグに狙うキーワードを入れ、h3タグで解説していくのが自然といえます。

また、文章中に2%程度のキーワードが含まれていると良いとされています。

キーワードがどのくらい入っているか調べることのできるツールが、ファンキーレイティングです。使い方は簡単で、記事を書いたらURLをコピーして、”URLを入力してください”のところにペーストし、チェックをクリックします。

占めている上位キーワード(単語)から順に、出現率や出現数が表示されます。
キーワードの数を1つの目安として、文章中のキーワード数を調整していきます。

2、記事の内容・・・網羅的な内容にする

続いて記事の内容ですが、網羅的な記事の内容の方がGoogleに評価される傾向があるようです。
網羅的な内容とは、”物事が幅広い範囲や分野などにわたっている様子”ですが、具体的にどんなことなのでしょうか。

  • 1、キーワードに関連する内容に関しての記事が書かれているか
  • 2、そのキーワードを検索した人の本当の悩みに答えていること

1、キーワードに関連する内容に関しての記事が書かれているか

例えば「ケーキ屋+〇〇市」のキーワードで検索されたい場合は、ケーキ屋+〇〇市に関することが書かれていなければいけません。
ケーキ屋+〇〇市に関することとは、〇〇市にある他のケーキ屋さんのことを書くという意味になります。

すべてに関連することを書くことで、内容が濃いと判断され上位表示される可能性が上がります。

また「ケーキ屋+〇〇市」のキーワードで上位表示を狙っている場合、実際に「ケーキ屋+〇〇市」のキーワードで上位表示されているサイトが、他にどんな記事を投稿しているか調べていきます。そうすることで狙ったキーワードで上位表示されるための、投稿設計が予測できます。

2、そのキーワードを検索した人の本当の悩みに答えていること

例えば、ケーキ屋+〇〇市で検索した人は、〇〇市のケーキ屋さんを探していることはわかります。
本当の悩みに答えていることとは、なぜケーキ屋を探しているのかをもっと深く掘り下げていくことです。

ケーキ屋+〇〇市の例をもっと掘り下げて考えてみると、例えば・・・
・子どもの誕生日用のホールケーキを探しているかもしれない
・職場に持っていく用の小さいケーキを探しているかもしれない
・ケーキ屋さんの焼き菓子を欲しいのかもしれない

もっといえば、
・そのケーキがいくらくらいなのか値段を知りたいのかもしれない
・ホールケーキに誕生日プレートをつけることができるかどうかを知りたいのかもしれない
・ケーキ屋の場所や営業日や営業時間を知りたいのかもしれない

今回はケーキ屋さんの例えですが、もっと深刻な悩みのキーワードを狙うときは心の深いところまで想像したり調べたりして悩んでいる人に刺さる内容の記事を書いていきます。

3、画像や図などを入れて読みやすさ分かりやすさを追求する

SEO対策は「滞在時間」も重要視されています。
キーワード検索で、流入した人がどのくらい自分のサイトにいてくれたかーその時間の長さを「滞在時間」と言います。
滞在時間が長ければサイトに価値があると判断され、SEOの評価も上がります。結果的にキーワード検索で上位になってきます。

SEO対策といっても、テクニックに頼るのではなく、結局は実際に読む人が読みやすい記事、ためになる記事を書くことが一番大切です。

滞在時間を長くするため、文字ばかりが並んでいる記事より、図やイラストで説明されている方が読みやすい記事だと判断されるでしょう。

キーワード投稿で注意すること

キーワードを意識しすぎて、内容や文章が不自然にならないよう注意が必要です。
検索してきた人の意図を汲んで、丁寧に答えているサイトは誠実で評価が高いとされます。

SEO対策はすぐに結果が出づらいですが、無料でできるウェブ対策です。記事を積み上げていくことでストック(資産)にもなるのでチャレンジしていきたいですね。

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法