美容院やエステのウェブ集客のゴールは、「予約」です。
電話で予約、もしくはオンラインで予約されることです。

エステ美容院の新規顧客獲得方法は、3つしかないと考えます。

  • 戦略1:Googleマイビジネスに登録する→予約
  • 戦略2:インスタグラムで発信→予約
  • 戦略3:ウェブ広告→予約

ブログやYouTubeは?と聞かれそうですが、以下の理由であまりおすすめできません。

  • 理由1:ブログの「内容を読んで予約してくれる可能性が低い
  • 理由2:「美容院(エステ)+地域名」で検索されることが多いため、ブログでのSEO対策が難しい
  • 理由3:YouTubeで発信しても内容にいきづまる可能性が高い

まずは、SEO、SNS、広告の3大集客方法を使って新規のお客様を獲得する方法3つについてお伝えします。

スポンサーリンク



 

エステ美容院が新規顧客獲得のためのウェブ戦略

新規顧客というと、まず「ホットペッパービューティー」などのポータルサイトが有名です。こちらは、月額費用が発生します。
料金は、正確には公表していないようですが、最低でも2万5千円(月額)〜との情報があります。
高い広告プランに入っている順で「おすすめ順位」が決定されるようなので、ユーザー側の視点ではないサイトとも言えます。
ホットペッパーの公式サイトにも料金の記載がなく、問い合わせのみなので個人的には中小規模のお店には敷居が高いと感じます。

SEO、SNS、広告のウェブ3大集客方法で考えると、やはり以下の3つで集客する方法をおすすめします。

  • 戦略1:Googleマイビジネスに登録する→予約
  • 戦略2:インスタグラムで発信→予約
  • 戦略3:ウェブ広告→予約

戦略1:Googleマイビジネスに登録する→予約

Googleマイビジネスは、地域名で検索すると店舗情報が表示されるGoolge社の無料ツールです。

Google マイビジネスは、Google 検索や Google マップなど、Google でのビジネスや組織のオンライン プレゼンスを管理するための使いやすい無料サービスです。ビジネスのオーナー確認を済ませ、ビジネス情報を編集すると、ユーザーにビジネスを見つけてもらいやすくなり、ビジネスについてのメッセージを伝えることができます。
Googleマイビジネスより

新規のお客様はたいてい、「地域名+美容院」 「地域名+エステ」などと検索します。
検索結果には、Googleマップが表示されるはずです。
Googleマイビジネスに登録していると、Googleマップとともにお店の情報が表示される仕組みです。
しかも、無料というのがうれしいですね。

このGoogleマイビジネスの「ウェブサイト」項目に、ランディングページかウェブサイトのリンクをはり、予約ボタンを設置しておきます。
ランディングページなどには、お客様にお店の詳しい情報(来店したくなるような)伝わるページを作成するとさらに予約につながりやすいです。

・お店の雰囲気
・料金
・できればお客様の声
・そのほかお客様が不安に思うことなどに対する答え

Googleマイビジネスに表示されただけでは予約にはつながりにくいので、新規のお客様に届くようなページを設置します。

  • メリット・・・Googleマイビジネスは無料で登録できる
  • デメリット・・・競合が多いと埋もれてしまう
  • 必要な知識・・・予約ページ(ランディングページ)などの知識

戦略2:インスタグラムで発信→予約

美容院・エステの集客で一番相性のいいSNSは、Instagramです。
理由は、ユーザーが女性が多いこと、そして、美容院・エステの良さが伝わりやすいことです。

Instagramで、地域名や得意な施術などでハッシュタグをつけて投稿します。そして、プロフィールにランディングページなどの予約ページを貼りここからお客様を予約に導きます。

予約ページを貼ることで、さらにお店のことを詳しく知ることができます。
新規顧客の不安にこたえるページにすると、予約への訴求が高まります。

Instagramはバズれば(多くの人にシェアされる)即効性があるかもしれませんが、時間がかると考えておいた方がいいです。
またGoogleやYahoo!検索したときに、Instagramの投稿自体が検索されるのは難しいです。
あくまでInstagramのユーザー内で、有効な方法と考えてください。

  • メリット・・・無料ではじめられる
  • デメリット・・・時間がかかる、Google検索では表示されづらい
  • 必要な知識・・・インスタ映えする写真投稿の知識、予約ページ(ランディングページ)などの知識

戦略3:ウェブ広告→予約

Googleなどのウェブ広告で新規のお客様を集客する方法です。
広告は、地域に競合が多い場合に有効になります。
戦略1で紹介したGoogleマイビジネスは、競合が多いと埋もれてしまう可能性があります。

「地域名+美容院」のキーワード検索の広告出稿をすると、「地域名+美容院」で検索したお客様のトップページに表示されます。
広告として、Googleマイビジネスよりも上に表示されます。
ここで新規のお客様に響く広告文を作り、クリックしてもらい予約ページに誘導する方法です。

ウェブ広告費は、キーワードや競合などによって変わるので、やってみないとわからないものです。
広告費の上限が設定できるので、1日1,000円までなどの設定をすればそれ以上にはなりません。
また、クGoogle検索広告は、クリック課金型と呼ばれ、クリックした分にだけ広告費になる仕組みです。
クリックされたというのは、あなたのサービスに興味のあるお客様だと言えます。
このクリックしてくれたお客様のうち、どれだけの人に予約してもらえるかがポイントです。広告の精度をあげていくと、さらにパフォーマンスが良くなっていきます

  • メリット・・・即効性がある
  • デメリット・・・広告費がかかる(金額はキーワードや競合による)
  • 必要な知識・・・ウェブ広告の知識、予約ページ(ランディングページ)などの知識

美容院・エステで新規顧客を獲得するために

美容院・エステで新規顧客を獲得するために、自分の状況やかけれる費用によってどのウェブ戦略が最適か選択していただければと思います。

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法