今日は結婚したい女性は、草食男子がおすすめですよ、という話です。

特にアラフォー女性は、おすすめです。

草食男子といえば、見た目は頼りなく、恋愛経験が少なそうな男性です。
着るものや髪型に気をつかっている感じではなく、自信もなさそうです。
自分から前に出るタイプではないので、もしかしたらお給料もそんなによくないのかもしれません。

でも、あえて草食男子をお勧めします。

その理由は3つです。

  • ライバルが少ない
  • あなたに合わせてくれる
  • あなた好みに改造できる

婚活パーティーには、自分より若い女性との出会いを求める男性がたくさんいます。
アラフォー女性は、ここでふるいにかけられます。

見た目が美人な女性ですら、苦労しているのが婚活パーティーです。

パーティー中、ずっとキレイなアラフォー女性と話していたのに、最後は若い女性とカップルになるっていう男性を何度も目にしました。

悔しいですが、現実はこんなものです。

スポンサーリンク


アラフォーの婚活市場は厳しい

「アラフォー女性の婚活は厳しい」と言われています。

結婚相談所でも、紹介されるのは50歳くらいのおじさんだったりします。

40歳女性とうまくいきそうな男性は、50歳くらいの男性です。45歳を紹介されたら、ラッキーと思った方がいいです。
その45歳も、見た目、年収、性格など、あなたに合うかどうかはわかりません。

アラフォー女性の婚活が厳しいのは、相場があるから

私は仲人&婚活アドバイザーをしていましたが、アラフォー女性に紹介する男性の相場はだいたい決まっています。

というか、同じアラフォー男性は、アラフォー女性を望まないのが現状です。
婚活アドバイザーが説得してどうにかできる問題ではないというのが現実です。

あなたがどうしてもと望むなら、探し続けることを止めはしませんが、その相手探しは、永遠に終わらないかもしれません。

結婚をあきらめる?それとも現実を受け入れる?

かといって、この先一人で生活していくのには不安があります。

病気になった誰が面倒をみてくれるのか。

老後に必要なお金は、貯金できるのか。

親が死んだ後、どうするのかなどです。

やはり、一人より二人です。

草食男子はライバル少ないので狙い目

草食男子ってこんな感じです。

  • 自分の意見をあまり言わない
  • 恋愛経験があまりない
  • 年収は普通かそれ以下
  • 会話がそれほど上手くない

恋愛経験があまりなく、自分から前に出るタイプではないですね。

営業とかの仕事はまずしていません。おそらく、人との絡みが少ない技術系だったり、福祉や介護系だったりします。
お給料はもしかしたら、あなたより安いかも。

そして、人と話すことがあまり得意でない人が多い。声も小さく、自分の意見をあまり言わないです。
一人の世界にこもっているイメージです。

婚活パーティーにはいない存在だし、結婚相談所に登録していたとしても成果を出せていません。ここがライバルが少ない理由です。

年収が低めで、会話も上手ではなく(女性に慣れていない)、見た目もどこかパッとしない。
だから、みんなが敬遠しがちなのです。

草食男子はあなたに合わせてくれる

そんな草食系男子は、結婚が不向きかといえばそうではないです。

その理由は下記です。

  • 行きたいところを合わせてくれる
  • したいことを合わせてくれる
  • 教えれば家事などをやってくれる

自分に合わせてくれる男性との生活は楽チン

良くいえば柔軟、悪くいえば自分のポリシーがあまりないので、基本合わせてくれます。

これは、女性にとってとても楽チンです。

今まで独身生活を謳歌していたあなたは、いきなり相手の生活スタイルに合わせると想像するだけでおっくうになりませんか?

年収高くても、自分をガンガンに出してくる50歳の男性との生活を想像してみてください。
ご飯はこうでなきゃ嫌だとか、ここに行くからついてこいとか、そのうち、親の面倒をみろとか言ってきますよ。そして、家政婦のように働かされますよ。

旦那さんの給料だけで生活しているなら、気を遣いながら買い物をしなくてはなりません。

自分のお小遣いが欲しくて、仕事を続けたら、家事との両立がもっと大変になります。

これは極端な例かもしれませんが、稼ぐ男性は基本的に自分のスタイルが決まっていてそれを壊されたくないと思っています。

奥さんは合わせて当然と思っていると考えていた方が良いでしょうね。

スポンサーリンク



草食系男子は、家事を教えればやってくれる

一方、草食男子との生活は、共働きでも、家事など協力しあって生きていけます。
ただ、家事に慣れていない男性には、教えなくてはいけません。

ネガティブな発言はせず、とにかくやさしく教えましょう。

これとこれはネットに入れて、柔軟剤の入り口はここで、靴下は上向き干してね、とか。

一度に言うとわからなくなってしまうので、何回かにわけて親切丁寧に教えましょう。

家事に気付かなくてイライラするかもしれませんが、やって欲しい時やって欲しいことを伝える。

彼らは察することができません。

お願いして、やってくれたら喜んで、を感謝を述べます。これを何回か繰り返します。

そうしていくと、自分で気づいて家事をこなしてくれるようになります。

そして少しづつ、相手にやってもらえる家事を増やしていきましょう。
あなたは、ご飯を作るだけであとは旦那さんが全部やってくれる状態も夢ではないです。

行きたいところに合わせてくれる

草食系男子は、自分からはあまり旅行には行かないタイプです。
しかし、誘われたらおそらく行きます。

あなたが行きたいところをどんどん提案して、一緒に行ってもらいましょう。

婚活女性のプロフィールに、「海外旅行が好きです」というのを良く見かけます。

でも、男性のプロフィールに旅行好きっていう人あまりいません。

女性が思っているほど、男性にとって旅行は魅力的でないかもしれません。

旅行だけでなく、趣味を合わせてくれて一緒にできるかもしれません。

見た目なんてすぐ変えられる

いわゆるむさ苦しい、不潔そうな男性でも、女性の言葉で生まれ変わったような容姿になります。

男性の見た目そのままで判断してしまっている女性が多くて、正直もったいないなぁと思います。
男性の容姿なんてすぐ変わります。

  • 床屋ではなく、美容院に行くように勧める
  • ショップの店員さんにオススメの服を提案してもらう
  • メガネをコンタクトにしてもらう

これだけで、見違えるようになります。

具体的には、美容院に行ったら、美容師さんに「清潔感のある髪型にしてください」とお願いします。

ショップの店員さんに、パンツ、Tシャツ、白シャツ、など定番で着回しのきくスタイルを2セット〜3セット用意してもらうのも良いです。

あなたは店員さんの横で、「似合う」「かっこいい」と褒めてあげると、男性は気持ちよくそのスタイルに溶け込めますよ。

スポンサーリンク


こんな草食系男子には気をつけて

ここまで、草食男子をおすすめしてきましたが、最後に草食系でも相手としてふさわしくない男性に気をつけてください。

それは、働かない草食系。できないのではなくて、仕事をやらないもしくは続かない。
つまりまじめでないのです。

まじめではない草食系男子は、やめましょう。
仕事をしない、もしくは続かない男性は絶対にダメです。

将来有望な草食系男子と出会う方法

有望な草食系男子と出会うには、紹介してもらうのがおすすめです。

友達や親戚にお願いして「いい人そうなんだけどなかなか出会いがない男性、誰かいませんか」と伝えましょう。

草食系男子は、自分から行動する派ではないので、婚活パーティーにはあまりいません。ただ、おたく系パーティーならもしかしたらいるかもしれませんね。

その返事を待っているあいだ、結婚相談所も検討してみてはどうでしょうか。
婚活パーティーよりは結婚相談所の方が、草食系男子がいる確率が高いです。

草食系男子のいいところを理解して、あなた好みにしてみるのも婚活の醍醐味かもしれません。

おすすめ記事» 【地方婚活のメリットと地方に強いおすすめの婚活パーティー

 

生きがい、一生の仕事、好きなことで稼ぐなら

ウェブデザインを学ぶ方法

  •  ウェブデザイナーになったらできること
  •  かかる費用や時間
  •  未経験からの仕事を獲得方法